スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「兄貴、40年後にまたね・・・」

 
7月12日、三重県に住む私の実兄が亡くなりました。
 
その日の朝、血圧が下がってきたとの連絡がありました。
 
しかし、平日なので子供たちも学校へ行っているし、次の連絡を待つことに。
 
夕刻、呼吸が弱まり、しばらくして心肺停止となってしまったとの連絡。
 
義姉と一人娘は最期を看取れたが、長崎から飛行機で飛んだが間に合わなかったそうだ。
 
 
3年前に検診で肺がんが見つかり(すでに、ステージ3)、入院や治療を繰り返してきた。
 
人一倍の仕事人間で意識がなくなる直前まで、病室にパソコン持ち込んで、
 
仕事をしていたらしい。
 
週一回の放射線治療から、終わりの方は脳にも20個以上の転移が見られ、
 
かなりしんどい放射線治療をして、闘っていたという。
 
 
6月末にお見舞いに行った時、枯れ木のような足のマッサージをしたり、
 
一人で立てないので、トイレ行くための介助をしたりした。
 
まだ、どうにか普通に会話ができた。
 
帰る際に、「○○(私の名前)、ありがとうね」と、かすれた声で言ってくれた。
 
それが、私にとっては兄の最後の言葉となった。
 
 
兄が高校を卒業し家を離れ、大学・就職・結婚して32年、
 
何回くらい会っただろう? どれくらい話しただろう?
 
それなのに、これほど近い存在だったんだと気づいたお通夜からの数日間だった。
 
そういえば、私には「ブラザーコンプレックス」があったかも・・・。
 
 
火葬される瞬間に「兄貴、40年後にまたね・・・」と、心の中でつぶやいた。
 
その時はまた、子供のときのように無邪気に遊びたいと思う。
 
 
仕事にも恵まれ海外在住を経験し、アメリカやヨーロッパの色んなところも巡り、
 
帰国後も、休日は家族でかなり贅沢な旅行をして回っていた。
 
この8月にも夫婦で「豪華客船のクルーズの旅」も、一年前から予約していたそうだったが、
 
当然キャンセルとなった。
 
 
たくさんの人に慕われ、50年に凝縮された生涯だったんだ・・・と、
 
うらやましくもあり、普通でいいからもっと生きていてほしかったと、哀しくもあります。
 
しかし、ようやく私の心も平常になりつつ、今ごろ何しているんだろうって、
 
夏の青空を見上げています。
 

 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママンレーヌ

Author:ママンレーヌ
自宅・外部教室にて、料理教室を開いております。
兵庫県漁業組合連合会「SEAT-CLUB」において、
水産会館、兵庫県の小中学校にお魚講習講師としても活動中。

ジュニア野菜ソムリエ
ベジフルビューティーセルフアドバイザー
食品衛生責任者
お魚かたりべ(水産庁任命)
魚さばき講師認定
未来につなぐ食育倶楽部会員「食育仕事人」(近畿農政局認定)
エコ・クッキングナビゲーター
ワイン検定 ブロンズクラス

明石の自宅料理教室
~Maman’Dremes~のご案内
*野菜ソムリエ協会認定料理教室です。

旬の新鮮な魚と野菜を使って、自宅で再現できるレッスンいたします。

9.17(木)満席
9.24(月)10:30~13:00(試食付き)
9.30(水)15:30~17:30(2人分お持ち帰り)
いずれも、「明治北海道十勝フレッシュ100」のお土産つきです!
レッスン代 3000~3500円/1回

日時ご相談承ります。
お気軽にお問い合わせください。
料理教室検索クスパ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。